フランボワーズとチョコレイト
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ちょいムズお菓子づくり。 − 無印良品・ザッハトルテ編 | main | アイスクリームを買いました。 −(ロッテアイス) ジェラートマイスター >>
カンタンお菓子づくり。 − 無印良品・プチマフィン編
いよいよバレンタインデーも明日!
職場で配る用に、無印良品のプチマフィン(ボリュームパック)をつくりました。
ボリュームパックというだけあって、20個もできあがります。これだけたくさんあれば、みんなに配れて便利です。

キットは、プレーンとマーブルの2種類をつくる用のレシピ。
今回はみんなに同じのを配りたかったので、すべてマーブルにしてしまいました。足りない分のココアは、自分で用意しています。

自分で用意するもの
 ・ たまご 2個
 ・ 牛乳 60cc(大4)+5cc(小1)
 ・ サラダ油 45cc(大3)

※ 上記はレシピ通り(プレーン10個、マーブル10個)の場合
※ 今回はマーブルを20個つくるので、上記のほかにココア5g、牛乳5ccをつかいました




たまごと、牛乳(大4)と、サラダ油をまぜます。
まざったら、ミックス粉を入れてまぜます。


生地を2つにわけて、片方にココアと牛乳(小1)を入れます。
レシピでは1/4だけ取り分けてココア生地にしますが、今回は1/2に増やします。
足りないココア(5g)と牛乳(5cc)を追加しました。

飾り用チョコチップ(大1)を取り分けて、残りのチョコチップを2種の生地に半分ずつ混ぜます。



天板に、添付の紙型を10個並べます。

2種類の生地を、半分ずつ入れます。
マーブル模様を意識して、左右で半々になるよう、カップを傾けながら入れました。

爪楊枝で、マーブル模様を描きます。
上面に、チョコチップをかざります。



180℃で15分焼きます。
焼けたら、網の上で冷まします。
網はないので、例によってお皿と箸で代用しました。

残り10個も同様に焼きます。


冷めたら、添付のラッピングをして完成☆

飾りチョコが冷えていないと、ラッピングについてしまうので、注意! 常温で固まるので、気長に待つか、ある程度冷めたら冷蔵庫に入れてもいいかも。




20等分するのが難しくて、マフィンの大きさにバラつきができてしまいました。配ったときに小さいのにあたったひとは、残念賞ってことにしたいと思います。笑
あまり大きくなりすぎると、添付のビニル袋に入れにくいので、なるべく等分になるように頑張ったほうがいいかもしれません。

以上、プチマフィンのレポートでした♪


◆ 関連記事: 無印商品のお菓子作りエントリーまとめ。
 
スポンサーサイト
COMMENT